個人情報保護方針 お問い合わせ サイトマップ トップページ
マースとは? アミューズメント向製品 自動認識関連製品(株式会社マーストーケンソリューション) ホールの皆様へ 投資家の皆様へ 企業情報 採用情報
当社システム導入レポート 個人情報保護法の対応について コスト削減のススメ
   
個人情報保護法の対応について[参考資料]
 
 
(平成29年9月1日更新)
   
 
個人情報保護法の主な内容 ホール様にとってどんな影響が?… ホール様がまず始めに行なうべきことは 具体的な対応について
社内規定の制定/プライバシーマーク まとめ 参考資料ダウンロード
 
 
5-1.社内規定の制定
 前項を実施していくためには、会社としての方針を明確にすることが必要となります。一部の人だけがやるのでは無く、アルバイト、契約社員を含んだ、全社員で共通認識を持ち、対応しなければなりません。社内規定、ルールを取り決めて制定することが必要です。
 
・個人情報保護方針 ・情報管理規定 ・文書管理規定 ・教育規定 ・外部委託会社管理規定 etc
 
5-2.プライバシーマーク等の取得
 プライバシーマークは、個人情報版のISO9000シリーズです。
 これを取得することにより、社内体制を整備することができ、社会的な信用も確保できることになります。しかしながら、取得したからといって個人情報保護に対する対策ができたかというとそうでもありません。しっかりした体制が整備されたことは間違いありませんが、それを継続的に維持していくことがさらに重要になってきます。
また、情報管理の認証として、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)があります。これは、プライバシーマークが個人情報に限定されているのに対して、ISMSは、社内情報全体のマネジメントに関する認証であります。これも考え方としては、プライバシーマーク同様です。認証については、取得できればそれは非常に有効でありますが、まず、自社の状況を充分に把握して、自社にあった体制作りを行なうことが大切です。