技術開発部 東京技術センター 第1開発グループ 知念 良哉 技術開発部 東京技術センター 第1開発グループ 知念 良哉

多くのソフトを自社開発。この会社なら最新技術に触れられると感じた

 アミューズメント業界で開発の仕事がしたいと思い、就職活動をしていました。当社に入社したのは、RFIDカードリーダーなど、当時流行していた技術に積極的に取り組んでいたので、おもしろい仕事ができると考えたからです。入社して驚いたのは、ソフトウェアをほとんど自社で開発していること。一般的にソフトウェアを外注する企業が多い中、内製化している当社は技術主体の会社なんだと嬉しく感じました。
 現在の主な仕事は、パチンコホール向けの管理ソフトの開発です。ソフトの調査から計画、仕様作り、プログラミング、試験まですべて担当しています。また、ビッグデータ分析などの研究も行っています。パチンコホールでは様々な機器が使われており、それらの機器が出力するデータがサーバーに蓄積されます。そのデータを分析することで、お客様は新たな 事業戦略を練ることができるので、他社との差別化が図れるはずです。それを実現するため、日々、研究に取り組んでいます。

モノづくりに携わる人間として、自分が作ったものに責任を持つ

 新しい技術や知識に触れられたときはわくわくします。そして、その技術や知識を製品づくりに生かせたときや、できあがった製品をお客様が喜んで使ってくれたときは本当に嬉しく感じます。一方では、研究が成果に結びつかないことがあり、そんなときには仕事の難しさを痛感します。研究結果は、製品に生かすことができてはじめて意味を持ちます。厳しいことではありますが、それだけ挑戦しがいのある仕事だと思っています。

研究中の新技術を生かし、業界初のソリューションを作りたい

 当社では、若手や中堅クラスのメンバーが中心となって新しいシステム作りに携わることができます。自らプロジェクトを考えていくことが奨励されているので、それが自己成長につながっていると思います。私自身、入社して変わったと感じています。早い段階から仕事を任せてもらう機会が多かったので、常に真剣に取り組む姿勢が身につきました。
 現在研究開発を進めている新技術を生かして、業界初となるようなソリューションを作り出すのが当面の目標です。この先の成功のためには失敗を恐れずに挑戦していきます。私と一緒に統計解析といったデータについて学んでいきましょう。

  学生の皆さんも、今のうちによく勉強し、資格取得などに励んでください。それによって得た知識は将来、きっと役に立つはずです。