個人情報保護方針 お問い合わせ サイトマップ トップページ
マースとは? アミューズメント向製品 自動認識関連製品(株式会社マーストーケンソリューション) ホールの皆様へ 投資家の皆様へ 企業情報 採用情報
   
マース・ヒストリー
 
 
 
 
 
MARS HISTORY 1
「マースという名のもとに」

夢中でした・・・何もかも。

 昭和49年9月、新宿1丁目の小さな雑居ビルの12坪のオフィス。4人の男たちが、「自分たちの培ったコンピュータ技術の経験とノウハウを試してみたい」という気持ちだけを胸に会社を設立しました。
名前は「マース」。ギリシャ・ローマ神話の火星=戦闘の神であり、この牡羊座の守護神が授ける戦闘力を願って命名しました。これに技術力の高さを志して「エンジニアリング」を付け、「株式会社マースエンジニアリング」は始動したのです。
 しかし世間の風当たりは強く、当初は苦労の連続でした。受注が途絶えて資金繰りに困り、金になる仕事探しに奔走することもありました。それでも必死の努力でカシオ計算機からのアプリケーションなどのソフト開発を受託する業務を契機に、システム機器販売代理店となって設立者の1人が技術者から本格的に営業マンとして転向し、受注拡大に努めます。しかし、みかん類選果評価装置の開発を受注した際には部材や設備費用に見積もり違いが生じて危うく損失を出しそうになり、必死で受注金額の変更を懇願するということも経験しました。
 そんな中、東京都田無市(現在の西東京市)の中央図書館の開館に合わせて図書の貸し出し・返却システムを提案することになったのです。技術志向の強い4人組が、当時最先端のマイコン技術を駆使できるシステムを受注したことは会社存続の大きな転機となり、4ヶ月余りの短い開発期間に昼夜を問わず取り組み、なんとか開館に間に合わせることができました。こうした開発への心意気が今のマースに生きています。

 

   
  サブメニュー